祈りの丘絵本美術館ブログINORI-NO-OKA Picture Book Museum BLOG

🎏今こそ、むかしばなし絵本🎏

5月5日 こどもの日🎏

 

こどものころ、大人には『おとなの日』がなくて大変だな~と思っていました。

 

 

今考えると、何が「大変」なんだろう?

 

こどもって変なこと考えるよな~と 

ふと思い出して可笑しくなりました^^

 

 

 

さてさて🎏

 

 

 

こちらは童話館書店・むかしばなし絵本のコーナー⇩

 

 

絵本に一切妥協しないような名作家たちが描いた

むかしばなし絵本が多数あります。

 

 

長崎にゆかりのある絵本作家の巨匠・太田大八(おおただいはち)の

「いっすんぼうし」「花さかじい」

(上)いっすんぼうし・椿原菜々子文・太田大八絵 (下)花さかじい・椿原菜々子文・太田大八絵 どちらも童話館出版

 

 

 

スーホの白い馬でおなじみ・赤羽末吉(あかばすえきち)の

「にぎりめしごろごろ」「だいくとおにろく」

(上)にぎりめしごろごろ・小林輝子再話・赤羽末吉画 (下)だいくとおにろく・松居直再話・赤羽末吉画 どちらも福音館書店

 

 

他にも5月の菖蒲の季節に読みたい「くわずにょうぼう」や

“三枚のおふだ”でピンとくる方も多い「あおい玉あかい玉しろい玉」などの

やまんばが怖いお話もおもしろい!

 

(左)くわずにょうぼう・稲田和子再話・赤羽末吉画/福音館書店 (左)あおい玉あかい玉しろい玉・稲田和子再話・太田大八画 /童話館出版

 

他にも、秋野不矩(あきのふく)や丸木位里(まるきいり)、清水崑(しみずこん)など

一度は見たことがあるという絵本作家の本がたくさんです。

 

 

絵が絶妙にキレイで、決して新しくないけど読み返すと新鮮、そして不気味。

むかしばなし絵本にしかないちょっと怖い感じがたまりません。

 

 

いわゆる『かわいい』表紙ではないので、一見地味で手にとられる方が少ないですが

お話を読んであげるとアラ不思議。こども達はみんなぐっと引き込まれていきます。

 

 

真剣なまなざしでこのコーナーの絵本を熟読するこどもたちを見ていると

 

令和、平成、昭和、もっとずっと前から

子どもたちが好きなものって変わらないんだな~と思わされます。

 

 

おとなになってしまった元・こどもの私たちにできることは

現・こどもたちにその面白さ・可笑しさを教えてあげること!

 

 

子どもの日の今日は むかしばなしの絵本コーナーで

お気に入りを見つけてほしい 元こども・スタッフMでした🎏