祈りの丘絵本美術館INORI-NO-OKA Picture Book Museum

企画展のご案内

なぞなぞのすきな絵本美術館 太田大八の絵本と楽しむ昔話の世界

開催期間
2022年7月5日(火)~10月2日(日) 企画展示&常設展示
8月31日(水)は、館内整理の為、臨時休館となります。
開館時間
10:00〜17:30(入館は17:00まで)
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
会場
祈りの丘絵本美術館 2階大フロア
  • やまなしもぎ

    • 平野直 再話/太田大八 画
      福音館書店 1977年初版
      絵本の絵の場面 2点

    病気のお母さんに食べさせようと、3人の兄弟たちは山梨をもぎに出かけます。 道すがら、ひとりの婆さまに声をかけられますが、上の2人は婆さまの話を聞かずに進み、沼の主に飲み込まれてしまいました。一方で、婆さまに親切にした末の弟のさぶろうは、 刀と椀をもらい、主を退治し兄たちを助け出します。 持って帰った山梨を食べて、お母さんは元気になり、親子4人で幸せに暮らしました。

  • 炭焼長者

    • 稲田和子 再話/太田大八 画
      童話館出版 2008年初版
      絵本の絵の場面 2点

    息子の生まれる晩、神さまたちの会話を聞いた長者は、息子の嫁に福のある小作人の娘を迎えます。 ところが息子は道楽三昧、家は落ちぶれ、嫁は家を捨てて、炭焼きの家へ行きます。 嫁を大切にした炭焼きは、長者になり豊かに暮らしました。 山陰の昔話より。

  • あおい玉 あかい玉 しろい玉

    • 稲田和子 再話/太田大八 絵
      童話館出版 2006年初版
      絵本の絵の場面 2点

    昔、栗拾いに出かけたお寺の小僧は、山の中の鬼婆の家に迷い込んでしまいます。 そこへ、便所の神さまが現れて、宝の玉を3つ授けますが・・・。 昔話「三枚のおふだ」の新潟版。

  • 天人女房

    • 稲田和子 再話/太田大八 絵
      童話館出版 2007年初版
      絵本の絵の場面 2点

    羽衣を隠され、牛飼いの嫁になった天女は、2人の子どもに恵まれ 幸せに暮らしていましたが、後に羽衣を見つけ、天上に戻ります。 牛飼いは、女房恋しさに天にのぼりますが・・・。 鹿児島の昔話を元にした、七夕のお話。

  • はなたれこぞうさま

    • 川崎大治 文/太田大八 絵
      童話館出版 2000年復刊(そしえて より 1977年初版)
      絵本の絵の場面 2点

    昔、ある男が売れ残りの花を川へ投げ入れていたところ、 川の乙姫さまからお礼にと、願いのかなうはなたれこぞうさまをもらいます・・・。

  • いっすんぼうし

    • 椿原菜々子 文/太田大八 絵
      童話館出版 2012年初版
      絵本の絵の場面 2点

    むかし、じいさまとばあさまの元に生まれたいっすんぼうしは、 世の中が見たいと、お椀の舟に箸の櫂で都へ上ります。 お姫様の付き人となり、鬼を退治したいっすんぼうしは、何でも願いのかなう、打ち出のこづちで・・・。

  • 花さか じい

    • 椿原菜々子 文/太田大八 絵
      童話館出版 2011年初版
      絵本の絵の場面 2点

    川で、白い子犬を助けたおじいさん。 犬は恩返しに宝のある場所を教えます。 それを知ったよくばりな隣のじいさまは、宝ほしさに無理やり犬を連れだしますが・・・。

  • 絵本玉虫厨子の物語

    • 平塚武二 作/太田大八 画
      童心社 1980年初版
      絵本の絵の場面 3点

    昔、奈良の都の若い仏師が乙女と結婚する為に、厨子の制作に打ち込みますが、 美しさを追求するあまりに乙女のことも忘れ、玉虫の羽を追い求め、 ついには生き物全てに美を見出すようになっていきます・・・。 法隆寺玉虫厨子の物語。

  • 絵本西遊記

    • 太田大八 画/呉承恩 作/周鋭 編/中 由美子 訳
      童心社 1997年初版
      絵本の絵の場面 3点

    如意棒使いの石猿の孫悟空は、天宮を騒がせ、お釈迦様に五行山下に閉じ込められます。 500年後、唐(中国)から旅の途中であった三蔵法師に、悟空は救われます。 その後、猪八戒、沙悟浄が仲間に加わり、共に次々現れる妖怪たちから三蔵を守り、 苦難の旅の果てについに天竺(インド)へ辿り着きました。

  • 太田 大八(おおた だいはち)

    1918~2016年

    1918年大阪に生まれる。幼少年期を長崎県で過ごす。多摩美術大学在学中に第二次世界大戦勃発。広島の近郊で原爆を体験。戦後まもなくから絵本や子どもの本の挿絵を描き、以後、半世紀近くにわたって、子どものための創作を続けている。線描から日本画を思わせる繊細な水彩さらに油絵に至るまで、作品によって多彩な画風を用いている。 しかし、対象が子どもだからといって、甘さや妥協を許さない芸術性の高い作品が多い。多くの受賞があるが、1999年、長年の子どもの文化への寄与により、モービル児童文学賞を受賞。作品に『かさ』(文研出版)、『やまなしもぎ』(福音館)、『絵本西遊記』(童心社)など多数。

企画展と並行して、
同施設内では常設展も開催中です。

常設展の詳細を見る